ビジネスフォン・レンタル携帯・IP携帯。活用方法について

新着情報

ビジネスフォン

buisiness

ビジネスフォンとは、外線と内線の共有ができ、回線の管理、制御が可能な電話機のことである。ビジネスフォンは、外線と内線を制御する主装置がを用いることによって、システムが成り立つ。
この主装置によって、数十台~数百台の子機を制御することが出来る。制御できる子機の台数は、主装置によって異なる。数十台~数百台の子機を制御出来ることから、電話機の使用が多数になることが予想される、ビジネスにおいて主に用いられている。

活用

一般の電話機に用いられているアナログフォンと比べ、ビジネスフォンはビジネスにおいて活用方法が様々に広がる。
回線の数を自由に制御出来ることから、使用する子機の回線のみを繋ぐことが出来る。それと比べ、アナログフォンの場合は回線の制御が出来ない。その為、企業などでは1人1台に電話機を用意する必要がある。
が、回線の制御が可能であることから、使用しない電話機に回線を繋げる必要性が生じない。これにより、企業内に必要な台数のみだけ電話機だけを用意することが出来る。最低限の電話機の導入で済む為、電話代の節約に繋がることになる。

外部からの電話が繋がった際、担当者が不在のケースの際にも、ビジネスフォンは便利だと言える。
アナログフォンの場合は、担当者が不在で電話を取る相手がいない場合、担当者の電話まで取りいく必要がある。
ビジネスフォンの場合は、回線の共有が可能になる為、他の電話機から外部の電話を取ることが出来る。

保留転送

horyuu

ビジネスフォンには、保留転送機能が設けられている。
保留転送機能を用いることによって、同じ空間内で電話回線の共有が可能となる。
外線からの電話を内線で共有することが可能である為、外線電話をボタンの操作1つで他の人間に転送することが出来る。

また、ビジネスフォンは主装置で管理されている回線同士の通話は、無料となっている。
同じサーバー同士であれば通話料が無料となる、IP携帯電話のような感覚で利用することが出来る。